「従業員の自主自律性とエンゲージメントを高める方法」についてのオープンビジネスセミナーに登壇2020.11.05

弊社代表三浦が、株式会社新社会システム総合研究所が主催するビジネスセミナーに再び登壇します。

タイトルは

「不確実性の時代においての従業員の自主自律性とエンゲージメントの高め方」

~個人と組織に活力を与える「組織習慣」を作り上げる秘訣~

 

[開催日時]

2020年12月10日(木) 午後1時~午後5時

 

[場所]

CIVI研修センター日本橋
東京都中央区日本橋室町4-1-6 クアトロ室町ビル4F

■会場受講  ■ライブ配信  ■アーカイブ配信(開催日の3~5営業日後)

のうちのいずれかの参加方法を選択できます。

 

[受講料]

1名につき 33,000円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)

 

[対象者]
従業員の自主自律性やエンゲージメントに課題を感じている経営者、人材育成責任者/担当者
不確実性の時代に適応できる組織作りを模索している経営者、人材育成責任者/担当者

テクノロジーや社会情勢の急激な変化に伴い、組織はその様々な活動において、スピーディに適応する力が必要とされています。そのために従業員一人ひとりに求められることは、受動的な働き方ではなく、自主自律性の高い働き方です。
また、昨今の変化を代表するテレワークや、ジョブ型雇用の導入が、組織に対する従業員のエンゲージメントを弱める要素となる可能性を帯びており、この点についての対策の重要度が増している現状もあります。
このセミナーでは、「自分を変える習慣力」「相手を変える習慣力」「チームを変える習慣力」の習慣力シリーズが、累計30万部を突破している著者であり、人材育成コンサルタント/エグゼクティブコーチでもある三浦将氏が、従業員の自主自律性やエンゲージメントのレベル向上をさせ、個人と組織に活力を与えていくための「組織習慣」という活動のコンセプトをご紹介し、その進め方のノウハウをお伝えします。

[このセミナーで期待できる効果]
・従業員の自主自律性とエンゲージメントを高めるための手法が分かる
・不確実性の時代において必要とされる、「柔軟性と変容力の高い組織」を作り上げてくためのヒントが得られる
・「休み明けの朝、元気に仕事に向かう人たちを増やす」ための要諦が分かる

[主な項目]
1.不確実性の時代において必要とされる、個人と組織の関係性とは
2.自主自律性を向上させるキーとなること
3.自己変革による知性とリーダーシップの向上
4.組織全体としての習慣の改善
5.従業員エンゲージメントへの根本的アプローチ
6.質疑応答

*内容は一部変更になる可能性があります。

 

お申し込みはこちらまで